アルバイトが合わないと長続きしない(合ったバイト)

バイトが合わないとツライ・・・

仕事が合わなくて悩む

 

合わないバイト先は双方不幸せに。。。
自分に合ったバイトの探し方について アルバイトを探すときは、給料にこだわる方が非常に多いです。正社員の場合も給料は大切ですが、アルバイトは短期で行われる方も多く、より給料にこだわる方が多い傾向があります。しかし、少しくらい給料がよくても、合わないバイトは長続きしないものです。

 

自分に合ったバイトを探すためには、単発バイトに挑戦してみるのがよいでしょう。アルバイトの求人サイトには、単発バイトの紹介もされています。1日、3日などの短期間の仕事であり、実際に働いてみて相性を確かめることができます。自分に合っていると予測しても、実際に働いてみると思っていたのとまったく違ったというケースは多いものです。

 

合わないバイトは双方不幸せにするため、最初から選ばないほうがいいのです。

 

 

これが最高!自分にピッタリのバイトの探し方

自分に合ったバイトの探し方として確実なのは、求人サイトのコンサルタントに相談してみる方法です。コンサルタントの適性診断を受ければ、自分に合った仕事が見えてきます。

 

プロの客観的アドバイスを受けることで、自分の適性もわかるのです。コンサルタントと相談をするときは、条件をなるべく具体的に伝えておきましょう。身体を動かせる仕事がいい、一人でコツコツできる仕事がいい、服装・髪型は自由がいい、夜型人間なので深夜の仕事がいい、人間関係の悩みがない職場がいい、などなど。コンサルタントは職探しのプロですが、相手の心の内を読めるわけではありません。求職側から具体的な条件を伝えておかないと、適切なアドバイスを受けることができません。

 

 

短期間のバイトを選ぶという選択肢も

単発や短期のアルバイトは、面接に通過しやすい傾向があります。先着順で決定されることも多いので、人よりも早く応募するように心がけましょう。アルバイトも正社員の仕事も、よい仕事の探し方のコツはスピードなのです。たった1時間応募を先延ばしすることで、他の人に決まってしまうケースもあります。

 

自分に合ったバイトを探している方は、仕事を見つけてから応募するまでのアクションが早いのです。自分が好待遇だと感じた仕事は、周りの人達も同じように思っていることが多いです。アルバイト探しにおいて、余り物には福があるという考えは通用しません。余ってしまう理由はシンプルであり、待遇が悪いからです。給与がよいけど仕事内容がシビア、仕事は楽だけど時給は最低賃金などなど。

 

アルバイトをするそもそもの目的はお金を稼ぐことでしょう。どんなに魅力的な仕事でも、稼げない仕事は合わないバイトになってしまう可能性が高いでしょう。